SEから独立開業の花屋さん*お店とネットで奮闘中*

新宿の生花店フローリスト カノシェ。店長コージより

サントリー美術館 マイセン展へ



六本木 東京ミッドタウンのサントリー美術館へ行ってきました。
今の展示は「マイセン磁器の300年」

300年、すごいですね!!

マイセンの磁器、もちろんとっても綺麗でした。
草創期の 300年近く前の磁器も展示されてましたよ。

磁器もすばらしいですが、私は300年の歴史がとても心に
残りました。

300年の時代の移り変わりの中で、色々な壁や 経営難のことも
あったそうです。

その中で、マイセンの磁器がどのように変化して来たかが 
分かりやすく展示されていました。



ちょっと面白かったのが、ビジネス書で読んだ事が 300年前
から行われていたことです。

例えば

●TTP・・・・・徹底的にパクる

300年前の磁器は、東洋(特に中国)が先進国だったそうで、
それを、錬金術士にまねさせて マイセンの歴史は始まったそうです。

デザインまで、瓜二つでビックリしました。

(日本の磁器と瓜二つのも沢山展示されてました。)

瓜二つの物をつくれる事も当時はすごい事だったんでしょうね!


●守 破 離(シュハリ)

守る、、、上のマネの様に、完成された型を徹底的に練習して身につける

破、、、、身につけた型に自分の工夫を加えて、オリジナルにする。

マイセンも、東洋の技術を身につけてから 自分の国のデザインを
取り入れて オリジナルになって行きました。

離、、、、完全にオリジナルになり、始めの型から離れる

マイセンも、ロココやアールデコなど時代の中のデザインを
取り入れたり、新しい技術を開発して 完全なマイセンの世界を完成
させています。


●全く新しい商品は作れないから、今ある物と組み合わせて新商品を作る

マイセンも、東洋のデザインに少しだけ自国のテイストを付け加えた
磁器があったり、今ある技術に流行のデザインを加えたり、、、で
新しい磁器を作っています。


なんか、新鮮な気持ちで見ていました。



花ギフト フローリスト カノシェはこちら♪

何より嬉しい、お客様の声はこちら♪


↓↓ランキングに参加しています★クリックしてくれると嬉しいです★
人気ブログランキングへ