SEから独立開業の花屋さん*お店とネットで奮闘中*

新宿の生花店フローリスト カノシェ。店長コージより

お花屋さんの仕事~水上げ


前回、仕入れのお話をさせていただきましたが
切り花を仕入れたあとには『水上げ』という作業があります。

水上げというのは・・・

生産者さんから市場に運ばれる時には
お水から離れて運ばれます。

その お水が下がった状態から
お水をたっぷり吸わせて 元気にしてあげる作業です。


まずは、
水に浸かる部分の葉っぱを綺麗に取り除きます。

葉っぱが水に浸かっていると
バクテリアが発生して水がにごりやすくなりますので
お水には葉っぱがつかないようにします。

その後、花にあわせて
花の茎を切ったり、折ったり、お湯に浸けたり。

というような作業になります。

他にもいろいろ方法はありますが
この3つが基本になります。


花束などを花瓶に生けるとき
茎を「切って」花瓶にいけると思ってらっしゃるかたが多いと思います。

実は、意外と「折って」あげる花が多いんです。


分からないときには・・・

とりあえず茎を少し 手で折ってみてください。
パキッとすぐに折れれば、折るのが適した植物です。

茎がグニャッと曲がってしまうものは、切る。

というふうに考えると、分かりやすいと思います(^^)


折る植物の代表的なものは

●菊の仲間
●枝物(ちょっと硬めの時には縦に割ると良い)全般
その他 なじみ深いお花では ストック トルコ桔梗 リンドウ
などなど たくさんあります。

折ってみると分かると思います。
パキッと簡単に折れますよ(^^)


これからの春の時期は、切る植物が多いです。

●チューリップ
●アネモネ
●ラナンキュラス

などの球根の植物も
切ってもらう植物になります。


定番で一年中あるものの中では

●バラ
●ユリ
●ガーベラ
●カーネーション

などは 切ってもらう植物になります。


大体このくらいを分かっていただけると
お家でもお花が長持ちしてくれると思いますよ。

試してみてくださいね~♪


お花の元気がなくなったときは・・・

寿命で元気がなくなることもありますが
水が下がりやすい植物 というのもあります。

1.そのお花を新聞でくるむ
2.茎の下2cmくらいを熱湯に15分くらい浸ける
(熱湯からぬるま湯に変わるくらいまで)

こうすると
びっくりするくらいピシッと元気になるお花もたくさんあります。

ちょっと元気がなくなってみたら、試してみてください♪


_______________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 お┃わ┃り┃に┃
 ━┛━┛━┛━┛

先日、5年ぶりに学生時代の友達と集まりました。

会う人会う人から 「太ったな~」と言われて
ちょっとショックを受けました(T_T)

以前聞いたラジオによると

身長から100を引いたくらいで、
少しぽっちゃりぐらいが 一番長生きできる体重だそう。

今、私が 身長179cm、体重78kg なので
丁度良い体重だな~と思っていたんです。

が・・・
余りにも言われたので、今年は思い切って
少しダイエットしようかな~と思いました。

成功したらまたお知らせします!

お楽しみに~(^^)

_______________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄