SEから独立開業の花屋さん*お店とネットで奮闘中*

新宿の生花店フローリスト カノシェ。店長コージより

お花屋さんの仕事~仕入れの話


こんにちは(^▽^) フローリスト カノシェです。

今年もあと 残り半月になりますね。
終わりよければ全てよしです。

いい一年の締めくくりにしたいですね。

お花屋さんはこれからクリスマス 年末のお花と大忙しです。
頑張るぞー!!


今回は 仕入れについて、ご紹介しますね~(^^)


東京の市場では
切り花の仕入れは 月・水・金曜日 と決まっています。

なので、一番新鮮なお花を購入したい!という時は・・・

●お店で買う時
※ → 仕入れ日の夕方に購入

●宅急便でお届けの場合
※ → 仕入れ日の翌日到着になるように購入

これを覚えておくと、一番新鮮なお花を買うことができますよ♪


仕入れ方法は いくつかありますが、
お花の仕入れと聞いて、皆さんが一番イメージするのは
『セリをしている場面』 でしょうか(^^)


【豆知識】 仕入れ方法


●一般的な市場のセリ

■手ゼリ■
一般の人が分からない 暗号(手の形と言葉)でセリをします。

「セリ上げ方式」と言って
安い価格から始まり 徐々に価格が上がり、
一番高い値をつけた花屋さんがセリ落とします。


●一部の大型市場

■機械ゼリ■
暗号なしで 機械を使ってセリをします。
暗号がないので、新米花屋さんも買いやすいです。

「セリ下げ方式」と言って
相場より高い価格から機械のメーターがゆっくり下がって行き、
一番高い価格でボタンを押した花屋さんがセリ落とします。

セリ上げ方式よりもスピーディーにセリが進みます。


他に、

●先取り
●仲卸
●産地から直接仕入れ
●インターネット仕入れ

と、セリ以外にも 仕入れ方法はさまざまあるんですよ(^^)

どの方法にも良いところ、弱いところがありまして、

カノシェでは、お花のご注文内容によって 上の仕入れ方法の中
から一番良いのはどの方法か考えて、皆様に喜んで頂けるお花を揃
えられるように頑張っています♪