SEから独立開業の花屋さん*お店とネットで奮闘中*

新宿の生花店フローリスト カノシェ。店長コージより

バラの生産者さん訪問


前回のメルマガで 少しだけ触れましたが
群馬県にある、バラの生産者さんのところに行ってきました。


今、バラを作る方法は 大きくふたつあります。

ひとつは ロックウール栽培 という方法、
もうひとつは 土耕栽培 という作り方です。


============
【土耕栽培とは?】
昔ながらの土で作る栽培方法をいいます。
============


ロックウール栽培の産地さんには以前行ったことがあるんですが
今回 初めて土耕栽培のバラの生産者さんに行ってきました。


今現在は
効率の良いロックウール栽培がほとんどを占めています。

昔ながらの土を使う栽培をしている生産者さんはほんの一部だそ
うです。

どちらの方法が良い悪い というのはないそうですが
土でバラを栽培する方法のほうが
作り手の上手・下手がはっきりと出るそうです。

バラのことがすごく分かってくるので
そこが醍醐味だ とおっしゃっていました(^^)


ちなみに、ロックウール栽培は・・・

バラを一度 横に曲げてあげます。

曲げたぶん 光がたくさん当たるので
そこで光合成をして バラがよくなっていくんですね。

バラの高さは大体 150センチ前後くらいで
栽培したバラを集荷する際も手間は割とかからないそうです。


土のバラは なんと驚き!
だいたい3メートルくらい。
高いところで4メートル近くありました。

高い台にのぼってバラを切っていくので
集荷する時間も3倍ほどかかるそうです。


どちらの産地さんも おのおのにとてもこだわりがあり
大切に大切に バラを栽培されています。

そんな心のこもったバラをお客様に届けるのですから
わたしたち花屋さんは 責任重大!


これからもいいバラを皆さんにお届けしたいと思います(^^)


_______________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 お┃わ┃り┃に┃
 ━┛━┛━┛━┛

突然 寒くなって
地域によっては 記録的な早さの雪が降ったそうですね。

地球温暖化のせいか
毎年毎年、数字上では例年に比べ寒くない、と聞きますが
それでもやっぱり冬になれば 寒いものは寒いですよね~

突然の寒暖差で ちまたでは風邪が流行り始めているそうです。

皆さん、毎年恒例の 風邪予防 始まりましたよ~

早め早めの対策で 毎日を元気に過ごしてくださいね!

カノシェも 風邪予防を万全にして 元気にお花を届けます♪

_______________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄