SEから独立開業の花屋さん*お店とネットで奮闘中*

新宿の生花店フローリスト カノシェ。店長コージより

フラワーショップ開店のお話その3…修行編 2回目

こんにちは(^▽^) フローリスト カノシェです。

7月にはいりました。
夏が近づいてきてワクワクしますね!

前回のメルマガでの修行編1回目 いかがでしたか?
今回は、その続き。修行編2回目です。


花の師匠の勧めで、私は市場の仲卸。

妻は、行列のできる大変繁盛している地元花屋さんで働くことに
なりました。


仲卸 というのは、市場から一箱単位(100本とか50本とか)
で買ってきたものを10本単位で花屋さんへ卸すところです。

花屋さんから事前に注文を受け、配達までします。


私が勤めていた頃は、トラックの荷降ろしから始まりました。

夜中の12時頃から 日本中の花を積んだトラックが次々と
やってきます!

荷物を降ろして中の花を確認し、納得したものだけを花屋さん
向けに購入。

その後、花屋さんの注文ごとに仕分けをし、トラックに積んで
配達します。

配達して戻ってくると 夕方の6時頃になってしまうこともあり、
約18時間労働・・・大変な仕事でした。

今はコンピュータ管理されているので少しは楽になっている
ようです。


この仕事で、一番大事な 「花の目利き」 を身に付けることが
できました(^^)
仲卸というのは 花を一番間近で大量に見られる仕事なんですよ。


他、配達先で多くの花屋さんと話をしたり
いろいろなタイプの花屋さんを見ることができました。

これものちのち大いに 役に立っています。


市場の内部の仕組みや 仕入れの仕方も 身についたので
開店のときもスムーズに花の仕入れができるようになりま
したよ(^^)


他にもよかったことは色々とありますが、仲卸時代の
おおまかな話は以上にて。

次回 代官山でプチオープンの話に続きます!